介護の仕事

高齢者施設の職種紹介(仕事の内容)

[生活相談員]

利用者やそのご家族との日常生活上の相談に応じ、適宜生活支援を行うことはもちろんのこと、施設との調整や手続・地域やその他コニュニティとの連携などを行います。

[介護支援専門員]

利用者の相談や心身の状況に応じて、介護サービスを受けられるように計画(ケアプラン)の作成や、市町村・サービス事業・施設、家族などとの連絡調整を行います。
日常的には、「ケアマネ」・「ケアマネジャー」などと呼ばれます。

[介護職員]

利用者の日常生活上の食事や排せつ、入浴などの身の回りの介護を行い、また、その人らしい生活を送り続けることできるよう様々な職種と協力しながら相談・助言等支援を行います。

[看護職員]

利用者の健康管理や療養上の世話及び医師の指導のもとで行える医療行為を行いますが、日常生活上の介護、介助等も行います。

[機能訓練指導員]

利用者の心身の状態に合わせて、できる限り自分で身の回りのことができるように支援するため、利用者本人やその家族の意向を確認し、計画をたてて機能訓練を行います。

[栄養士]

利用者の献立作成や身体状況に併せて食べやすい形態(ソフト食やきざみ食など)にて提供し、食べる意欲を引き出すなど工夫もします。
また、低栄養状態などのリスクの有無や課題を把握して、栄養ケア・マネジメントを行います。

ご案内

(株)エコロジーサイエンスこうちIT事業者協同組合サイドバナー広告1サイドバナー広告2
ショートステイ空床情報